「ANKO テスト」はテストに関連する全ての情報を一元管理し、テスト期間短縮と品質向上を提供します。

 

ソフトウェアの開発において、最終工程となるテスト工程の効率化が求められています。ソフトウェアの高機能化、複雑化に伴って、ソフトウェアの規模やテストするべき項目が増加する一方で、ソフトウェアの開発期間はさらなる短縮を求められている状況で、テスト工程は二律背反の状況におかれています。
このような状況下では、テスト対象の品質状況を把握して、実施するテストの数、種類、期間、テストの結果を正確に管理することが必要であり、人海戦術に頼るのではなく、システムとしてテスト工程を管理することのできるソリューションが必要です。

また、ソフトウェアの開発でのすべての工程(設計、開発、検証など)は、「要件」を実現するために行います。検証でも「要件」を基準に「テストケース」、「テストの結果」、「テスト進捗管理」などを関連付けて把握する必要があります。

 

「ANKO テスト」は開発者、テスター、プロジェクト管理者がソフトウェア開発に関する各種の情報(バグ内容、進捗情報、テストケース情報等)を共有し、テスト業務を効率よくするためのテスト管理ツールです。Redmineで動作し、要件の登録、テストケースの登録、管理、テスト計画の登録、管理、テスト実行結果の記録、テスト結果の統計情報などを表示するツールです。そして、それらの情報をばらばらに管理するのではなく、要件とテストケース、テストケースとテスト結果、テスト結果とバグ管理を自動的に紐付けることにより、情報の一元管理が可能になります。また、テストケースの一括登録やテスト結果をExcelファイル形式でエクスポートするなど便利な機能を提供いたします。

「ANKO テスト」は「redmine_impasse」からフォークして弊社が開発したテスト管理プラグインです。「redmine_impasse」は2012年9月で開発がストップし、現在の主流のRedmineバージョンである3.Xでの動作ができなかった点などの課題点がありました。弊社ではこの点を改善し、Redmine3.2以降で使用でき、統計機能の追加、技術サポートを行いソフトウェアーの開発現場(テスト管理の現場)で使用できる製品として創りました。

 

「ANKO テスト」を使用して得られる主なメリットは下記の通りです。

シンプルな操作性

「ANKO テスト」ではテスト結果の登録をマウスクリックだけで行うことができます。テスターはテスト結果に応じて、合格、不合格、保留の中から選択するだけでテスト結果を登録できます。これだけで「いつ」、「誰が」、「何のテストを行ったのか」が自動的に記録されます。

ok

 

テスト結果の自動集計が可能

Excelなどでテスト管理をすると、テスト項目の集計、テスト消化数の集計、バグ数の集計など件数を手でカウントしているような場合は,常に最新の進捗状態を把握するのは工数と人力が必要になり、集計にヒューマンエラーが発生する可能性があります。また、Excelにマクロを埋め込み,件数をバッチで集計する場合も、複数人でExcelをばらばらに編集している場合、テストの進捗をリアルタイムで計るのは至難の業です。

「ANKO テスト」はテスト結果を自動的に集計して、常に最新の進捗状態を把握することが可能です。

result5

 

テスト項目と障害票の紐付けが簡単

「ANKO テスト」は、テストの結果発見される不具合の内容とテスト項目を意識することなく瞬時に紐付けることが可能です。ユーザーはテストの結果を入力するだけでシームレスに不具合の内容を記録でき、かつテスト項目と自動的に紐付きます。

 

テスト項目とエビデンスの紐付けが簡単

「ANKO テスト」は、テストの証跡として,または不具合発生時の再現テスト用に画面ショットを簡単にテスト項目にエビデンスとして紐付けることができます。キャプチャーした画面をテキストボックス内に貼り付けるだけですので、手間が一切かかりません。

また、不具合発生時に参考になるログファイルや設定ファイル、各種参考情報を簡単にテスト項目と紐付けて登録することができます。これにより、ファイルが迷子になったり、開発者が再度ログファイルを取得する必要がなくなります。

 

ソフトウェアーのバージョンとテストの紐付けが簡単

テスト対象のシステムやプログラムのバージョン管理は労力を要します。「ANKO テスト」はソフトウェアーのバージョンとテストが必ず紐付く仕組みになっています。これによりどのバージョンでどのテストをしたのかを管理でき、ソフトウェアーの品質向上に寄与します。

plan

 

テスト資産一元管理と再利用

統合的なテスト管理ツールを利用しない現場では、各個人の技量と判断により、テストケース、テストシナリオ、テストデータ、テスト実行環境、テスト結果などの情報が蓄積され、全社的な資源として一元管理されることなく、分散してしまいます。フォーマットが各々異なるため各自が保有している情報を統合することはできないのが現状です。
「ANKO テスト」はテスト作業に関する情報を一元管理し、テスト実施後の分析や情報追跡を容易にします。蓄積したテストケースなどのテスト資産の再利用が可能で、次期開発や同種のプロジェクトを行うときにテストケースの設計や検証を大幅に節約でき、また十分に検証されたテストケースを利用することにより品質向上にも寄与します。

テスト項目はテストスイートでテストグループごとに区分して管理することが可能であり、モジュール単位、担当チームごとにテストケースの管理をすることが可能です。

 

複数人の同時編集が可能

「ANKO テスト」はRedmineのプラグインとして提供され、サーバで動作するWebアプリケーションなので,複数人の同時編集が可能です。テスターが複数いても同時にアクセスでき、全てのテスト結果、テスト進捗が一箇所に集約されるので、このファイル、あのファイルと色々なファイルを参照する必要が無く、 テスト担当者や開発者が同じ情報を参照して、実施したテストの成果やテスト項目の内容をレビューしたり、いつでも最新の情報にアクセスできるようになります。

 

テスト内容の検索やレポート出力が簡単

「ANKO テスト」はテスト内容の検索やレポート出力機能があります。テスト項目にはカスタムフィールドを追加することが可能で、管理をしたい項目をいくらでも追加することができます。またテスト結果をExcelで出力することが可能で、管理者は二次加工、三次加工を通して必要な報告書のフォーマットに情報を加工することが可能です。

 

 

「ANKO テスト」の使い方の流れは下記の通りです。

 

 

テストケース(スイート、ケース) 登録 > テスト計画作成 > テスト日程と担当者の指定 > テスト結果の入力 > 結果の確認

gaiyo3

1.テストスイート・テストケースの作成

テストスイートの作成
マウスの右ボタンをクリックして「作成」->「Test suite」を選択して、テストスイートポップアップウィンドウに名称、詳細、キーワードを入力します。   test_suite

arrow

test_suite2

テストスケースの作成

マウスの右ボタンをクリックして「作成」->「Test case」を選択して、テストケースポップアップウィンドウに名称、サマリー、前提条件、重要度、キーワード、ステップ等を入力します。   test_case

arrow

test_case2

2.テストスイート・テストケースの一括登録

テストスイート・テストケースをCSVファイルで作成して、一括登録することができます。 テストスイートは任意の複数の階層を登録することができます。
import1

テストスイート・テストケースをCSVファイルで作成
csv

画面右側のテストケース一括登録ボタンをクリックして一括登録ページへ移動
shelf_registration

CSVファイルの項目をマッチングさせて一括登録をします。 テストスイートの階層は任意に追加することができます。
import2

3.他プロジェクトへテストスイート・テストケースコピー機能

既存のプロジェクトで登録されたテストスイート、テストケースを他のプロジェクトへ簡単にコピーすることができます。これにより、テストケースを作成する工数を大幅に削減することができます。コピー元のプロジェクトでコピーをしたいテストスイート、テストケースをマウスで簡単に選択できます。

copy1

4.要求仕様の関連づけ

ソフトウェア開発でのテストの目的は、「要件」を満たしているかどうかを確認するところにあります。開発規模が大きくなるにつれ、要件とテスト、テスト結果と実装などの情報が分散し、要件が実際に具現されているかの確認が困難になります。
「ANKO テスト」は「要件」と連動した「テストケース」の作成を通して、「テストの実行」「実行結果」「テストで発生した問題」など、テストに関連する全ての情報資産を紐付け、一元管理します。

 

要求仕様ボタンをクリックして要求仕様リストを表示した後、要求仕様を選択してドラッグ・アンド・ドロップでテストケースと関連づけをします。

drag

arrow

drag2

5.テスト計画作成

テスト計画タブ画面で「テスト計画の新規作成」をクリックします。 名称、注記(テスト計画の詳細内容)、バージョンを入力後、作成ボタンをクリックして登録します。

plan

6.テストケースの割当

「テストケースの割当」タブで右側のテストケースリストの中からドラッグ・アンド・ドロップをしてテスト計画で実行するべき項目を指定します。

plan2

7.テスターの割当

「テスターの割当」タブでテスト実行日とテストする担当者をドラッグ・アンド・ドロップで指定します。

plan3

8.テストの実行

「実行」タブでテストケースを選択して、テスト実行結果を入力します。 もしテストした結果、バグが発生した場合は、不合格をチェックして保存をクリックすると、バグ登録ウィンドウがポップアップ表示して、バグ情報を入力できます。 登録されたバグは自動的にテストケースと関連づけられ追跡することができます。

ok ng

9.テスト結果

「結果」と「統計」タブでテストの結果に関する情報を確認することができます。 右側下の「Excel」をクリックするとExcelファイル形式でエクスポートすることできます。テスト結果に対してフィルタリングをかけることができ、条件でしぼって必要な情報だけを簡単に確認することができます。また、「バグリスト」をクリックするとバグチケット一覧が表示されます。

result1

各種統計画面

概要ページ画面
result2

人別集計画面
result3

テスト消化曲線画面
result4

また、「要件のカバレッジ」タブでは自動的に要件、テストケース、バグを一覧表で表示をします。これにより、テストケースが存在しない要件の把握や、バグが発生しているテストケースの存在などを簡単に確認することができます。
youkenn

10.その他の便利な機能

マウスドラッグだけでテストケース、テストスィートの順番(位置)を変更できます。
testcase_moving

リッチエディターであるCKエディターを提供いたします。CKエディターは文字に簡単に装飾をしたり(文字色、背景色、イタリック、下線、太字、フォント、フォントサイズなど)画像や表の貼り付けが可能になります。
画像を通してより簡単に、そして正確に情報を伝えることが可能になります。
ckeditor

クリップボードから画像をチケットに追加することができます。クリップボードの画像を一度ファイルとして保存して添付ファイルとして登録する作業に比べて、非常に簡単に画像を添付できます。画像を添付する業務での効率化を図ることができます。
copy2

Redmineの「ロールと権限」のページで、ANKOテストの各種機能の権限を設定することができます。「管理」->「ロールと権限」->「権限レポート」->「テスト」の項目で、機能別に権限のオン/オフが可能です。
これにより権限のない者がデーターにアクセスできないようになるため、情報の機密性の向上やデーターの整合性の確保を図ることができます。不必要な機能をオフにすることにより該当ページがシンプルに表示されるため、ユーザーが必要な情報に的確にアクセスすることが可能になります。
setting

テストケースやテストスイートに対するフィルタリング機能を提供します。これによりすばやく必要な項目を検索することが可能になります。
filtering

11.設定方法

システム管理者でログインして「管理」->「プラグイン」->「Redmine Impasse plugin」->「カスタムフィールド」をクリックすると、「テストケース」、「テストスイート」、「テスト計画」、「テスト実行」で表示するカスタムフィールドを登録、編集、削除することができます。

add_fild

arrow

add_fild2

プロジェクトの「設定」->「テスト管理」では次の項目を設定しますことができます。

  • 不具合と関連付けるトラッカ : テスト結果を「不合格」にチェックして保存する時、ポップアップウィンドウでのデフォルトのトラッカーになります。
  • 要求仕様と関連付けるトラッカ : テストケースと要求仕様を関連づける時、要求仕様として使うチケットのトラッカーになります。
  • カスタムフィールド : テスト管理で使うカスタムフィールドを選択

setting

「ANKO TEST」の仕様

white

Redmineバージョン Redmine3.2.X
Redmine3.3.X
提供方式 プラグイン
ライセンス形態 サーバーライセンス(物理サーバー/仮想サーバー)
1つのRedmine当たり1ライセンスが必要

使用期間、使用人数の制限なし

 

 

 

価格 本体価格:オープンプライス

※プラグイン本体価格には、プラグインのインストール作業、技術支援対応などは含まれておりません。

※マニュアルにプラグインのインストール方法が説明されていますので、お客様の方でインストールをしてください。

※プラグインのインストールや技術支援が必要な方は、別途費用が発生いたしますが、弊社で対応可能です。

※お支払い方法は、銀行振り込み、PayPalによるクレジットカード決済が可能です。

※マニュアルはこちらをクリックしてダウンロードしてください。

white

white

ご質問・ご購入お問い合わせ先

株式会社Ankosoft

TEL : 044-223-6484

EMAIL : info@ankosoft.co.jp

※ご購入をご検討の方に評価版を提供しています。