Redmine4.0.0 新機能のご紹介(2)

 

11.親プロジェクトで子プロジェクトのチケット登録機能(#12704)

Allow selecting subprojects on new issue form/Issues

 

子プロジェクトがある場合、親プロジェクトでチケットを新規登録時に、プロジェクトを選択できるセレクトボックスが表示され、子プロジェクトのチケットとしてチケットを登録することができます。
子プロジェクトの場合は、プロジェクトを選択するセレクトボックスは表示されません。

ankosoft_redmine4.0.0_-019_12704

 


 

12.テキスト形式のカスタムフィールドのデフォルト条件の変更(#28660)

Change default operator for text format custom fields from “is” to “contains”/Issues filter

 

以前のバージョンでは、テキスト形式のカスタムフィールドのデフォルト条件が「等しい」となっていましたが、4.0.0バージョンからは「含む」に変更されました。
完全一致である「等しい」から、部分一致である「含む」にデフォルトの条件が変更されました。

ankosoft_redmine4.0.0_-020_28660


 

13.ロックされたユーザーを担当者のフィルターとして検索可能(#15201)

Filter “Assignee” should contain locked users/Issues filter

 

以前のバージョンでは、ユーザーがロックされると担当者としてロックされたユーザーを選択することができませんでした。
下図の例ではロックされた「渡辺」さんは担当者の欄でフィルター要素として選択ができません。

ankosoft_redmine4.0.0_-021_15201

 


 

14.ウォッチャーフィルターでプロジェクト参加者を選択可能(#8160)

Extend watched_by_me-issue filter to include all project-members instead of only <<me>>-substitution/Issues filter

 

以前のバージョンでは、ウォッチャーフィルターで「<<自分>>」しか選択ができませんでしたが、4.0.0バージョンからはプロジェクトのメンバーをウォッチャーフィルターで選択できるようになりました。

ankosoft_redmine4.0.0_-022_8160


 

15.期日が過去の日付の場合、赤色で期日を表示(#27316)

Highlight due date of overdue issues in the issues list/Issues list

 

以前のバージョンでは期日欄の文字の色は黒色でしたが、4.0.0バージョンからは期日が過ぎた場合、期日欄の日付の文字の色が赤色で表示されるようになりました。

ankosoft_redmine4.0.0_-023_27316


 

16.マイページでの「担当しているチケット」の表示条件の変更(#29449)

Filter out issues from closed projects in My Page blocks/My page

 

以前のバージョンでは、マイページでの「担当しているチケット」に終了したプロジェクトのチケットが表示されました。4.0.0バージョンからは終了したプロジェクトのチケットはマイページでの「担当しているチケット」に表示されなくなりました。

ankosoft_redmine4.0.0_-024_29449

 


 

17.マイページに「活動」を表示(#2471)

Copy wiki attachments on project copy/Projects

 

マイページに「活動」モジュールが追加されました。「追加」から「活動」を選択すると、活動内容をマイページで確認できます。

ankosoft_redmine4.0.0_-025_2471


 

18.プロジェクトコピーでwikiの添付ファイルもコピー機能(#10282)

Copy wiki attachments on project copy/Projects

 

以前のバージョンでは、プロジェクトをコピーした時、wikiの添付ファイルはコピーされませんでしたが、4.0.0バージョンからは添付ファイルもコピーされます。

ankosoft_redmine4.0.0_-026_10282

 


 

19. 文字修飾時、修飾文字の前後にスペースを挿入する機能(#28796)

Make sure that inline markups inserted by wiki toolbar are surrounded by whitespaces/Text formatting

 

以前のバージョンでは文字修飾時、修飾文字挿入ボタンをクリックすると、選択した文字列の前後に修飾文字が挿入され、プレビューを確認すると、修飾文字として認識されず、一般の文字として認識されました。
4.0.0バージョンからは、修飾文字の前後にスペースが自動で挿入され、修飾文字としての機能を発揮します。

ankosoft_redmine4.0.0_-027_28796

 


 

20.ツールチップにユーザーアイコンを表示(#29306)

Add assignee’s icon to tooltips in gantt and calendar/UI

以前のバージョンでは、ガントチャートとカレンダーでのツールチップにユーザーアイコンが表示されませんでしたが、4.0.0バージョンからはツールチップにユーザーアイコンが表示されるようになりました。

ankosoft_redmine4.0.0_-028_29306

 


 

[関連リンク]

 

Redmine4.0.0 新機能

Redmine4.0.0 新機能のご紹介(1)

Redmine4.0.0 新機能のご紹介(2)

Redmine4.0.0 新機能のご紹介(3)

 

Redmine3.4.0 新機能

Redmine3.4.0 新機能のご紹介(1)

Redmine3.4.0 新機能のご紹介(2)

Redmine3.4.0 新機能のご紹介(3)

 

Redmine3.3.0 新機能

Redmine3.3.0 新機能のご紹介(1)

Redmine3.3.0 新機能のご紹介(2)

Redmine3.3.0 新機能のご紹介(3)

 

Redmine3.2.0 新機能

Redmine3.2.0 新機能のご紹介(1)

Redmine3.2.0 新機能のご紹介(2)

Redmine3.2.0 新機能のご紹介(3)

Redmine3.2.0 新機能のご紹介(4)

 

Redmine3.1.0 新機能

Redmine3.1.0 新機能のご紹介(1)

Redmine3.1.0 新機能のご紹介(2)

 

Redmine3.0.0 新機能

Redmine3.0.0 新機能のご紹介 – (1)

Redmine3.0.0 新機能のご紹介 – (2)

Redmine3.0.0 新機能のご紹介 – (3)

Redmine3.0.0 新機能のご紹介 – (4)

本書はRedmineの情報を提供する目的で作成されております。本書の作成にあたり、正確な記述に努めましたが、本書に対して何らかの保証をするものではなく、本書の内容を元に運用に影響がでる場合の責任は負いかねますので、ご了承ください。
本書の内容は2018年12月11日現在のものであり、内容は事前予告なく変更される場合があります。