要件追跡
(REQUIREMENT TRACEABILITY)


要件が変更されたら影響性評価をどこまでしなければいけないのか
悩む必要はもうありません。



要件追跡表

要件、設計、開発、テストなど各開発段階で作成された成果物間を関連づけると、要件追跡表が自動で作成されます。
要件変更によって修正が要求される範囲(設計、ソース)を迅速に把握できて、開発に伴うリスク、期間などを測定でき、見える化していなかった部分をスマートな方法で追跡できます。

reqmatrix
trackingset

要件追跡表設定

要件追跡表の設定は要件を基準として任意のトラッカーをカスタマイズなしで設定だけで関連づけることができます。

UMLツールとのデータ連動

UMLツールを使うと、USECASE、CASS、SEQUENCEなどの設計情報をCSVファイルでエクスポートして、REDMINEに登録できます。
エクセルファイルなどで作成した情報をインポート機能で簡単に一括登録でき、要件と簡単に関連づけて要件追跡表を作成できます。

UML