ANKO ガントチャート
english_page

ANKOガントチャートでRedmineのガントチャートでの作業効率が大幅に向上します!

「Redmineのガントチャート」を使っていて、「不便だな」、「めんどくさいな」と思ったことはありませんか? その理由は、「Redmineのガントチャート」は、チケットの「表示・検索」機能しかなく、チケットの「登録、編集」機能がなかったので、チケットを登録したり、チケットを修正する場合は、「新しいチケット」、「チケット」ページに移動しなければならず、作業効率が非常に悪かったからです。

「ANKO ガントチャート」は、このような既存の「Redmineのガントチャート」に、チケットの登録、編集機能を追加したプラグインです。 これにより、簡単に、直感的に、リアルタイムでガントチャートページから移動しないで作業が可能になります!

 

ANKOガントチャートの主要機能

新規チケット登録



ガントチャートページの「新しいチケット」ボタンをクリックすると、その場で「新しいチケット」を登録することができます。

ガントチャートを見ながら必要なチケットをすぐに登録することができるので、チケットの登録を効率よく行うことができます。

子チケット登録



ガントチャートページで「子チケット」を登録することができます。
子チケット作成アイコンをクリックすると、親チケット番号がデフォルトで入力され、「トラッカー」「バージョン」も親チケットと同一に指定されます。

WBSなどの階層的にチケットを登録したい場合、子チケットをガントチャートを見ながらすぐに登録することができるので、作業効率が飛躍的に向上します。

チケット内容の変更



チケットタイトルをクリックすると、チケットを修正することができます。

チケットのタイトル、内容、担当者、ステータス、関連するチケットなどの項目を変更することができます。

カレンダークリックによる日付の変更


「開始日」、「期日」をクリックすると、その場でチケットの「開始日」、「期日」をカレンダーを使って変更することができます。

変更された「開始日」、「期日」はすぐにガントチャートに反映されるので、スケジュールの変更が多いプロジェクトでも全体のスケジュールを確認しながら簡単に個別のチケットの日程を変更することができます。

anko_gantt_chart15

マウスドラッグによる日付の変更



マウスドラッグだけでガントチャートの日付を変更することができます。

ドラッグ中はガントチャートの色が変わるので、元のガントチャートとの比較が簡単にできます。

ガントチャートを左右に移動させたり、幅を変えることによって日程を変更することができます。

これによりWBSの変更もビジュアル的に簡単に行うことができます。

anko_gantt_chart16

ワークフローの表示



チケットのステータス段階をビジュアル的に確認をすることができるワークフロー表示機能を提供します。

次のステータスが何であるかをステータスのセレクトボックスをクリックしなくても簡単に把握することができます。

また、ワークフロー表示アイコンをクリックしてチケットのステータスを変更することもできます。これにより、ワンクリックでチケットのステータスを変更できるようになります。

anko_gantt_chart25

リッチなUI表示



プロジェクトの日程管理で一番重要な「いつ」、「誰が」、「何を」に関する情報をガントチャートページだけで確認することができます。

・「いつ」に関する情報として、「開始日」と「期日」がチケット名の右に表示され、ガントチャートのグラフが見えなくても、チケットの「開始日」と「期日」を確認できます。また、曜日の上に「日付け」を表示するので、直感的に日程の把握が可能です。

・「誰が」に関する情報として、「担当者」が表示されます。

anko_gantt_chart22

チケットの予定開始日と予定完了日表示



Redmineのガントチャートでは一つのチケットに対して一つのガントチャートしか表示できず、チケットの「開始日」と「期日」を修正すると元の情報を確認できませんでした。

ANKO ガントチャートでは、一つのチケットに対して二つのチャートを表示できます。これにより、計画段階での予定開始日/予定完了日と実際の開始日/完了日をガントチャートで比較することができ、予定と実際の進捗の乖離をビジュアル的に確認することができます。

太い線は実際のチケットの開始日、期日を表し、その下の細い線は「予定開始日」、「予定完了日」を現します。

マウスドラッグによる親子関係、バージョンとの関係付け機能



マウスドラッグだけで簡単に親子関係、バージョンとの関係付けができます。

マウスで親チケットやバージョンにドラッグして移動するだけで、即時に関係がガントチャートページに反映されます。

チケットを簡単に階層化できるので、業務を効率よくグループ化できます。

anko_gantt_chart17

チケットタイトル欄、日付け欄、担当者欄の幅の調整機能



マウスをチケットタイトル欄、日付け欄、担当者欄の境界線上に移動させて、マウスをドラッグすると幅を調整することができます。

欄が狭くてチケットの階層が深くなると見えなくなってしまったタイトル名も、この機能により簡単に確認することができます。

また、タイトル欄、日付け欄、担当者欄を狭くすることにより、ガントチャートの表示領域を広げることも可能です。

anko_gantt_chart18

チケットの下位階層の折りたたみ表示機能



「-」「+」アイコンをクリックするだけで、プロジェクト、チケット、バージョンなどで上下階層が存在する場合に、下位の階層を閉じたり、開いたりすることができます。

用途に合わせて必要なチケットだけを効率よく確認することができます。

anko_gantt_chart19

ガントチャートの日付けのヘッダー自動スクロール機能



チケットが多い場合、ページを縦にスクロールさせる必要がありますが、スクロールさせるとガントチャート上部の日付けの部分が画面に表示されず、日付けの確認ができないという不便さがありましたが、この機能により解決できます。

ページを縦にスクロールさせると、ガントチャートの日付けのヘッダー部分が自動的にスクロールして、いつでも日付けを確認することができます。

anko_gantt_chart20

全画面表示機能



ガントチャート描画領域を広げたい場合は、「全画面」ボタンをクリックしてください。サイドバー領域とヘッダメニュー領域がなくなり、ガントチャートページが全画面で表示をします。

「元画面」ボタンをクリックすると、元画面に簡単に戻ります。

anko_gantt_chart23

デフォルトトラッカーの指定機能



Redmineは自由にトラッカーを追加してチケットを分類することができます。そのためガントチャートページで不必要なチケットが表示されると、可読性を低下させます。

ガントチャートページで表示をさせたいトラッカーを事前に登録することにより、ガントチャートページで必要なチケットのみを表示させることができます。

anko_gantt_chart24

「ANKO ガントチャート」仕様

Redmineバージョン Redmine3.0.X
Redmine3.1.X
Redmine3.2.X
Redmine3.3.X
対応ブラウザ Internet Explorer、safari、Chrome、Firefox
現行の最新バージョンより1つ前までのバージョン
提供方式 プラグイン
ライセンス形態 サーバーライセンス(物理サーバー/仮想サーバー)
1つのRedmine当たり1ライセンスが必要
使用期間、使用人数の制限なし

価格

プラグイン本体価格:80,000円(税別)

※プラグイン本体価格には、プラグインのインストール作業、技術支援対応などは含まれておりません。

※マニュアルにプラグインのインストール方法が説明されていますので、お客様の方でインストールをしてください。

※プラグインのインストールや技術支援が必要な方は、別途費用が発生いたしますが、弊社で対応可能です。

※お支払い方法は、銀行振り込み、PayPalによるクレジットカード決済が可能です。

マニュアルのダウンロード

ここをクリックしてください。

ご購入の流れ

1.下記のフォーム、メールからお問い合わせください。

2.ANKOガントチャートを実際に使っていただき、評価をしてください。
評価環境の提供方法は、
(1)弊社で評価用のサーバーを準備してお客様にご提供、
(2)使用期間を限定した評価バージョンを提供して御社のサーバーでの評価の2つの方法がございます。
ご希望の方法をご連絡ください。

3.上記評価で問題がないと判断されたらご購入をお願いいたします。
お支払い方法は、銀行振り込み、クレジットカード払いに対応しております。
ご要望により、見積書、請求書、領収書の発行が可能です。お申し付けください。

4.ご入金を確認後、製品プラグインをお送りいたします。
ご購入から1年間、無償でバグ対応をいたします。
別途任意で維持保守契約の締結も可能です。

anko_gant_purchasing_process

よくあるご質問

[評価プラグインに関して]

 

Q.評価プラグインと製品プラグインで、機能的な差分はありますか?
A.評価プラグインと製品プラグインの差異は使用できる期限が異なるだけです。製品プラグインは使用可能期限に制限がございません。

 

Q.評価プラグインの使用期間はどれくらいでしょうか?
A.2週間です。もし2週間で評価ができない場合はご相談いただければ再度評価版を送らせていただきます。

 

Q.評価プラグイン利用の為に必要な手続きを教えてください。
A.下記のお問い合わせフォーム、メールからご連絡をいただければ対応します。評価プラグイン、製品プラグイン共にメールで送付させていただきます。

 

Q.評価プラグインの提供は、手続き完了後どれくらい掛かりますか?
A.下記のお問い合わせフォーム、メールでご連絡をいただければ基本的には2営業日以内でご提供いたしますが、業務量によってはもう少しお時間をいただく場合があります。


[購入手続きに関して]

 

Q.見積書、請求書、納品書は発行してもらえますか?
A.可能でございます。PDFもしくは郵送で送付いたします。

 

Q.納期を教えてください。
A.入金確認後、2営業日以内でメールにて製品プラグインを納品いたします。


[ライセンスや費用に関して]

 

Q.維持保守契約の概要を教えてください
A.維持保守契約の概要は下記の通りです。
維持保守契約は任意で締結を結ぶことが可能であり、期間型ではなく、インシデント型でサポートを提供します。
瑕疵に関しては維持保守契約に未加入でも製品購入から1年間、無償対応いたしますが、瑕疵以外の使い方などのお問い合わせ、技術的な質問・対応は、維持保守契約を締結されたお客様に限り対応いたします。
Redmineはオープンソースのため、ノーマルなRedmine自体が持っている障害事案に関しては瑕疵の対象外といたします。

 

・料金:10万円(税別)
・1年間有効
・メールによる問合せ対応
・10インシデント(翌年繰越なし)
・1件の対応で1、もしくは1以上のインシデントを消費
(質問・作業内容の難易度によって消費インシデント数は変動します。)
・オンサイト対応時は10インシデントを消費

 

Q.ANKOガントチャートがバージョンアップした場合、どのように入手することができますか?
A.メジャーバージョンアップとマイナーバージョンアップの場合で異なります。
メジャーバージョンアップの場合:メジャーバージョンアップしたバージョンを御社で購入を希望される場合は、再購入という形になります。元々の販売価格を安価で提供しているためこのようなポリシーで販売をさせていただいております。
その際の価格は、元々のご購入価格と同一ではない可能性がございます。

マイナーバージョンアップの場合:主にバグフィックスのために行う軽微なバージョンアップ(マイナーバージョンアップ)を弊社で行う場合は無償でバージョンアップ版を提供する場合がありますが、その決定は弊社の判断で行います。
維持保守契約への加入の有無でメジャーバージョンアップした際の価格に差別はありません。ただし、新バージョンのANKOガントチャートを販売する際に、一定の期間キャンペーンを行い、販売定価から一定の割合を割り引く形で販売をすることによって、既存のお客様が新バージョンのANKOガントチャートをより安い形で購入できるようにする予定にしております。

 

Q.ANKOガントチャートのランニングコストはかかりますか?
A.ANKOガントチャートは売り切り型で販売をします。従ってランニングコストという概念がありません。ユーザー数や使用年数に関係なく1サーバーごとに1ライセンスで販売をしております。
別途必要があれば任意で維持保守契約を締結することが可能です。

 

Q.RedmineをバージョンアップしたらANKOガントチャートが使えなくなったのだが、どうすればいいのか?
A.ANKOガントチャートはRedmine2.4.X-2.6.Xに対応するバージョンとRedmine3.0.X-3.3.Xに対応するバージョンが別途のバージョンになっています。ANKOガントチャートをご購入される時に使用中のRedmineのバージョンを確認し、それにあったANKOガントチャートを提供しております。
お客様がRedmineをバージョンアップしてANKOガントチャートが使えなくなりましたら、ANKOガントチャート購入から1年以内の場合は、再度弊社までご連絡いただければ該当RedmineのバージョンにあったANKOガントチャートを無償で提供いたします。
ANKOガントチャート購入から1年を経過した場合は、再購入をしてください。

 

Q.ライセンス形態はサーバーライセンスとのことだが、再インストールしたり、アンインストール後に他のサーバで利用することが可能でしょうか?
A.可能でございます。ただし元のサーバーからアンインストールせず新しいサーバにインストールする場合は別途のライセンスの購入が必要になります。

 

Q.弊社には2台のredmineサーバーがありますが、購入する際はそれぞれ別のライセンスを購入する必要がありますか?

A.はい、ANKOガントチャートが1つのRedmine当たり1つのライセンスが必要なため、複数のRedmineでご利用の場合、インストールするRedmineごとにライセンスが必要になるため、2つのライセンスの購入が必要になります。

 

Q.1台のサーバーに複数のredmineがインストールされていますが、購入する際はそれぞれ別のライセンスを購入する必要がありますか?
A.はい、ANKOガントチャートが1つのRedmine当たり1つのライセンスが必要なため、1台のサーバーに複数のRedmineがインストールされていて、かつ、該当RedmineでANKOガントチャートをご利用の場合、各Redmineごとにライセンスが必要になります。

 

 

Q.複数のライセンスを購入した場合、維持保守も依頼するとしたら、ライセンスごとに保守契約が必要になりますか?
A.維持保守契約はサーバー数に関係なく1社1つの契約で大丈夫でございます。維持保守契約はインシデント制になっており、10万円(税別)1年間有効な10インシデントを付与します。ANKOガントチャートの利用に関連しての維持保守対応を10インシデント分行います。

 

Q.評価版を正式版にしなくても使い続けることができますか?
A.評価版は御社のサーバーで正常に動作をするのかを確認するために提供をしているため、使用可能な期限に制限があり、その日を超えると使用できなくなります。


[機能・使用方法に関して]

 

Q.特定のユーザーのみANKOガントチャートがうまく動作しません。ドラッグ・アンド・ドロップでの操作や、ガントチャートでのチケットの更新もできません。
A.チケットの編集権限がないことが考えられます。Redmineはユーザー毎に権限をしていて、チケットの編集権限がなければ弊社のANKOガントチャートのみならずRedmine全般でチケットの編集はできなくなります。該当ユーザーの権限を確認いただき、該当ユーザーにチケットの編集権限を付与してください。

 

Q.祝日の表示はできますか?
A.現状では対応しておりません。ANKOガントチャートもRedmine自体のガントチャートと同様に土日のみ区別して表示します。

 

Q.全プロジェクト横断で表示は可能でしょうか?
A.親子関係にあるプロジェクトの場合は横断表示が可能ですが、それ以外の場合は全プロジェクト横断で表示はできません。

 

Q.チケットの関連付はドラッグ操作で可能でしょうか?
A.親子関係とバージョンに関してはドラッグで関連付けをすることができます。それ以外の関連付け(ブロック、先行、後続、重複など)はできません。

 

Q.ANKOガントチャートに追加でカスタマイズをして欲しいが対応は可能ですか?
A.はい。要件を伺い別途有償でカスタマイズ対応することが可能です。

 

Q.「redmine_work_days」プラグインがインストールされているRedmineでANKOガントチャートが正常に動作をしないのですがどうしたらいいでしょうか?
A.redmine_work_daysプラグインとANKOガントチャートが競合していることが確認されています。
redmine_work_daysプラグインと弊社のプラグインを同時にご利用することができない状況です。
どちらかのプラグインをお使いください。

ANKO ガントチャートマニュアル
(http://www.ankosoft.co.jp/manual/ANKO_Ganttchart3.0.pdf)
「ANKO ガントチャート」使用許諾書 の項目9で明記しているとおり、
他のプラグインとの競合により発生する事象に関しては無償対応外とさせていただいております。

ご購入 および お問い合わせ先

下記のフォーム、メールからお問い合わせください。

株式会社Ankosoft

EMAIL : sales@ankosoft.co.jp

 

会社名 (必須)

電話番号 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご利用中のRedmineの種別 (必須)

ご利用中のrubyの種別 (必須)

「管理」->「情報」でRubyバージョンを確認してください。

お問い合わせ内容