プロジェクトの見える化、優れたトレーサビリティ、ツール間の連動を通した

成功的な開発ライフサイクル管理システム

開発背景

開発会社は日々複雑化するソフトウェアの開発のために、様々な方法論や多くのツールを導入してきました。それらを総合的に連動させるための概念として「ALM」という用語が出現しましたが、当社はこれをオープンソースで構成し、「ANKO ALM」という商品で発売しております。

ANKO ALMとは

オープンソースのプロジェクト管理システムである「REDMINE」を基盤にして、REDMINEに足りない機能を加えて開発したシステムです。REDMINEに足りなかった管理機能、利便性、モニタリング機能、ツール間の連動やプラグインのバグなどを改善・開発しました。特に、開発ライフサイクルにおけるツール間の連動は欠かせないものであるため、オープンソース間で連動できるよう開発された製品です。

「ALM」とは、アプリケーションソフトウェアの開発・運用において、全体のライフサイクルを総合的に管理することによって、ソフトウェアの品質や開発生産性、変化への対応力などを向上させるためのもの、もしくはそれらを実現させるためのソフトウェアのプラットホームツールを指します。

ALMの必要性

一貫性:要件管理、アーキテクチャー設計、成果物、ソース管理、スケジュール管理などのために個別の製品を使った場合、データー連携と管理が煩雑になりますが、ANKO ALMの利用によりこれらの管理を統一・一貫的に行うことができます。 品質の向上:統合されて専門的なツールを用いて、ソフトウェアのプロセスを全体的に向上させ、製品の品質を向上させます。 トレーサビリティの向上 : 要求事項にひもづいているタスクの追跡と成果物やソース変更履歴などで高い追跡可能性を提供します。

ankoalm_toku

ツール間の連動

開発、ビルド、テストなど、開発サイクルに必要なツールが互いに連動して自動化されている機能は、開発者に快適な環境を提供し、開発スピードをアップさせます。

ソース品質の見える化

ANKO ALMの使用によって、開発プログラムソースのスケール感だけでなく、テストカバレッジ情報を自動的に分析して、把握することができ、今まで把握が難しかったプログラムの中まで確認できるようになり、より一層堅固で安定した製品開発をサポートします。

オープンソースで構成

ANKO ALMはオープンソースで構成されており、世界中に厚いユーザー層がいて、最新技術を取り入れています。さらに、持続的にアップデートされていて、オープンソース間の互換性も備えています。 また、多様なプラグインを提供しているため、必要な機能の追加や開発が可能です。

低費用で構築可能

オープンソースで構成されたANKO ALMはリーズナブルな費用で構築が可能です。商用ソリューションの場合、数千万円の製品が多く、一部機能のみ備えている製品でも数百万円に達するため、導入が簡単ではありません。一方、ANKO ALMは低費用で優れた機能を提供するので、一石二鳥の効果を期待できます。

業務フローに伴うシステム構成図

system

システム構成図

他システムとの連動

Subversion、Git、Jenkins、SonarQube、Eclipseなど、開発に必要なツールと連動し、作業効率を向上させます。

system

Agile(Scrum)

スプリント、リリース、製品バックログ別にバックログの移動、状態、内容変更などを自由自在に行うことができます。一つのスプリントに対するタスク、バグなどをカンバンで簡単に管理できるように構成されています。また、すべての項目にDrag & Drop機能がサポートされているため、簡単に配置することができます。

agile_board

要件管理と要件追跡表

要件、設計、テストケース、ソースがマッピングされているため、要件変更によって修正が必要な範囲(設計、ソース)を速かに把握でき、開発に伴うリスク、期間などを測定できるため、見える化していなかった部分をスマートな方法で追跡できます。また、UMLツールで作成した設計情報をXMLファイルでANKO ALMに登録し、要件とマッピングできます。

Traceability

モニタリング

見える化が難しかったプロジェクト別の進捗やユーザー別の進捗を一目で把握できるようにモニタリング機能を提供しています。

monitoring

バグとリリース管理

バグの登録・管理機能だけでなく、バグと関連するソースが自動でマッピングされ、追跡性を高めます。また、リリース管理機能を通してバグ、タスク、新機能などリリースされた内容を簡単に共有・管理できます。

release

テスト管理

テストを専門的に管理できる機能で、関連した要件、テストケース、バグがマッピングされるため、簡単に追跡できます。また、テスト実行の内容やその結果を簡単に照会でき、統計機能を通してテストの進捗とバグ率などをリアルタイムで把握できます。

test

コードレビュー

コードの内容をWeb上で検討し、コードラインにレビュー内容を作成し、チケットとして担当者を指定して作業の割り当て、結果を処理させる機能です。また、Web上でリポジトリを照会すると、コードレビューの内容をコードラインの位置で確認できます。

codereview

日程管理とガントチャート

プロジェクト管理で重要な要素であるスケジュール管理機能は、リアルタイムでチケットの進捗を把握可能にさせ、ガントチャートを通して視覚的に進捗状況を確認できるようにします。日程登録時、csvファイルを活用したら、複数の日程を一括登録することができます。

gantt

製品別の機能比較表

機能名のリンクをクリックすると詳細ページに移動します。

No 機能名 概要 ANKO PMS
(一般会社用)
ANKO REDMINE
(開発会社用)
ANKO ALM
(開発会社用)
1 REDMINE 基本機能* ノーマルREDMINEで提供する機能
2 モニタリング 個別プロジェクトのモニタリング機能
3 個人別のモニタリング 個人別のモニタリング機能
4 プロジェクト別のモニタリング 全体プロジェクトのモニタリング機能
5 ダッシュボード ダッシュボード機能
6 ガントチャート 既存のガントチャートページを強化
7 チケット作成時の機能 1.画像の貼付け、テキストの書式等のリッチエディタ
2.プロジェクトごとに個別のエディタを設定
3.クリックボードからチケットに画像の貼り付け
4.チケットの雛形(テンプレート)を提供
5.自動的にチケットのステータスを変更
6.チケット登録時に、既存の類似題名チケット表示
8 チケット表示時の機能 1.作成日、更新日などの相対表示を絶対表示化
2.コメント、ログ、活動などをタブ毎に表示
3.添付画像をライトボックスでプレビュー
4.サイドメニューのサイドバー化
9 テスト テスト工程の管理 -
10 コードレビュー Web上でコードレビューを提供 -
11 リリース リリース管理機能 -
12 要件追跡 要件追跡表を自動的に作成 -
13 開発環境との連動 Eclipse、Microsoft Visual StudioとRedmineを連動 -
14 構成管理システムとの連動 Subversion、Git等とRedmineを連動 -
15 Jenkinsとの連動 JenkinsとRedmineを連動 - -

* REDMINE基本機能: イシュー管理(要件管理、バグ管理、スケジュール管理など多様なタスク管理可能)、ガントチャート、リポジトリ、カレンダー、Wiki、掲示板、ニュース、文書、ファイル、メール通知、マイページ

他社製品との比較

  • ユーザー数の制限が無いサーバーライセンス
  • プロジェクトおよびチケット(イシュー)を階層数に制限なく、親子関係を指定可能
  • 様々な無料プラグインを利用して機能拡張が優れている
  • 購入済みのプラグインは無料アップグレードを実施

ノーマル「REDMINE」との相違点

  • モニタリング機能(全体プロジェクトモニタリング、個別プロジェクトモニタリング、ユーザー別モニタリング)
  • 要件追跡表、リリース管理、ダッシュボード、テスト管理、強化されたガントチャート
  • 画像貼り付け、チケットテンプレート、自動ウォッチャー登録
  • 「JENKINS」でビルド時、バグ内容がREDMINEのチケットとして登録可能
  • その他